転職を考えた時に試してほしい3つの事

転職

今の仕事や職場環境に不満があれば、転職を考えるのは自然の流れですよね。

でも、転職をするには面接を受けて採用を勝ち取り、入社後はその会社での仕事内容を覚え、新しい人間関係を築いていかなければならず、かなりの時間とエネルギーが必要となります。

もし、今の会社にいながら仕事や環境などの不満が「転職するほどでもないかな」と思えるまで軽くなったとしたら、こんなに嬉しいことは無いと思いませんか?

この記事では、仕事や環境に対する不満を軽減しながら今の会社で働き続けるために、転職活動をする前に試してほしい3つの事を紹介します。

信頼できる人に相談し、第三者の意見を取り入れ改善策を見つける

人間関係が合わない、仕事にやりがいを感じない、残業が多くてしんどい。

転職を考える原因はひとそれぞれで、一人で抱え込んでしまいがちですが、そんな時は信頼できる上司や同僚に悩みを打ち明けてみましょう。

社内に悩みを打ち明けられる上司や同僚がいない場合は、友人やパートナーでも大丈夫ですよ。

大事なのは一人で抱え込んで思い悩まずに、信頼できる人に話して自分の思いを外に出すこと。
そして第三者の意見に耳を傾けること。

一人で悩めば悩むほど視野が狭くなってしまいます。
視野が狭くなると物事の全体が見えなくなり、よい解決策が見つけられなくなります。

第三者の意見や視点を取り入れることで視野が広がり、現状を改善するアイデアが見つかるものです。

例えば、業務量が多くて時間が足りないのであれば、仕事の量を減らしてもらうように上司にお願いする。
もしくは、業務の簡素化・効率化を試してみる。

このように、改善策が見えたなら会社側に対して相談や提案をすることで、不満に思っている状況が改善するかもしれません。

職種や部署の変更をする

転職を考えるキッカケが、「今の職種が自分に合っていない」と感じる場合があります。

「事務として働いているけど、一日中パソコンに向かってデータ入力や計算するのが苦痛」
「人と会ったり話したりするのが苦手だから、営業として働いていく自信がない」

といって場合です。

そんな場合は、別の職種や部署へ配置転換を申し出てみるのも一つの手です。

人それぞれ得意な事・不得意な事があります。
今の職種に不満や不安を感じているのなら、それはあなたが得意ではない分野の職種なのかもしれません。

それなら、あなたが得意とする事を活かせる職種や部署に配置転換すれば、生き生きと働けるにちがいありません。

上司に、現在の職種が自分に合っていないこと、希望する職種や部署では自分が持っているスキルや特性が活かせて会社に貢献できる事を伝えましょう。

この方法は、会社の規模や希望する部署に人員を受け入れる余地がある場合に限られますが、非常に有効な手段だと思います。

しばらく様子を見る・時間が解決するのを待つ

精神面や肉体面にダメージがあれば、すぐにでも転職や退職をして逃げた方が良いのですが、そうでない場合は時間の流れに任せてみるのも一つの手段です。

例えば、半年間など期限を決めて状況が改善するか様子を見てみましょう。

今現在の仕事が忙しくて転職を考えていても、半年後には落ち着いていて、時間にゆとりのある仕事ができているかもしれません。
もしくは、新たに社員を採用してあなたが受け持っている業務の一部を引き継いでくれるかもしれません。

合わない人がいたとしても、半年後にはその人が退職していなくなってるかもしれませんし、そんなに気にならない存在になっているかもしれません。

一定期間様子を見て、状況が改善していればラッキーだし、改善が見られなければその時に転職をすればいいのです。

ただ、この方法は心と体に余裕があって半年ほど現状のまま仕事を続けられることが前提です。

まとめ

自分一人で悩まずに第三者に気持ちを聞いてもらい、アドバイスをもらうと気持ちが落ち着き視野が広がります。

職種や部署を変えればあなたの得意とするスキルが活かせます。

時間の経過とともに状況が好転することも十分にあります。

転職活動は思いのほかエネルギーを消耗します。

心と体に余裕があれば

  • 相談する
  • 職種や部署を変える
  • しばらく様子を見る

を試してください。

あなたが抱えている不安や不満が少しでも改善することを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました