事務職未経験でも大丈夫!事務男子の働き方や仕事内容を解説

事務

事務として働きたいけど、男性で未経験でも事務職に転職できるか不安に思ってませんか?

事務職未経験の男性でも、事務男子として働くことは可能です!

でも

  • 具体的にどんな仕事内容なの?
  • どのくらいの収入が見込めるの?

といった疑問がある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、現役事務男子の私が、事務職の仕事内容や男女比、種類などについて解説します。

また、未経験の男性が事務職に転職するためのポイントや必要なスキル、おすすめの転職サイト・エージェントなども紹介します。

これから事務職に興味を持つ男性の方必見の内容です。

スポンサーリンク

事務職の仕事について知ろう

事務職に興味はあるけど、実際の仕事内容や給与、男女比、種類などについて詳しく知らない。
そもそも、事務の仕事内容や待遇ってどうなっているの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

この章では事務職について、仕事内容から平均収入、男女比、そして一般事務や営業事務、経理事務、IT事務などの種類について詳しく解説します。

事務職に興味がある方や、転職を考えている方は、ぜひ参考にして、自分に合った事務職の仕事を見つけてみてください。

事務職の仕事内容とは

事務職は、企業や公的機関などで欠かせない事務業務を担当する大切な職種です。

主な業務は

  • 書類作成
  • 電話応対
  • 来客対応
  • データ入力

となります。

具体的には、報告書やメール、企画書の作成、電話での問い合わせ対応、来客者への案内や接客、Excelを使ったデータ入力、更新、整理などが挙げられます。

事務職の平均収入

事務職の平均年収は約332万円で、男性の平均年収が391万円、女性の平均年収が317万円であることが令和3年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)から明らかになっています。

月給の相場は

  • 一般事務:約20万円
  • 営業事務:約25万円
  • 経理事務:約28万円
  • IT事務:約30万円

となります。

事務職の男女比

事務職といえば女性が多いというイメージですが、実際はどうなのでしょうか?

令和3年3月分労働力調査(厚生労働省)によると、事務職に従事する男女の割合は男性4割、女性6割という結果が出ています。

事務職は女性が多い職種なので、女性が働きやすい環境が整備されていることが多い傾向にあります。

ただし、営業事務などの一部の職種では男女比が異なる場合もあります。

事務職の種類

事務職という言葉を聞くと、どんな仕事をイメージしますか?

書類整理や電話応対、メールのやり取りなど、何気ない日常的な作業をイメージする方が多いかもしれません。

しかし、実際には様々な種類の事務職が存在し、それぞれの職種に特化した専門的なスキルが求められるものもあります。

一般事務

一般事務とは、企業や公的機関などで求められる幅広い業務を担当する事務職の一つです。

一般事務の主な業務は

  • 書類作成
  • 電話応対
  • 来客対応
  • データ入力

などがあります。

幅広い業種で求人があり、求人数も多い一般事務。

就職希望者にとっては魅力的な職種の一つです。

営業事務

営業事務は、営業部署における重要な事務業務を担当する職種です。

一般事務の主な業務は

  • 見積書や契約書の作成
  • 顧客情報の管理
  • 営業データの集計

などがあります。

営業部署での事務業務に興味がある方は、営業事務の求人をチェックしてみましょう。

経理事務

経理事務は、企業の経理部署において重要な事務業務を担当する職種です。

経理事務の主な業務は

  • 入出金管理や仕訳帳作成
  • 給与計算
  • 売上や仕入れデータの入力
  • 会計ソフトの操作

などがあります。

経理事務を希望する場合は、簿記の資格が必須と言えます。

IT事務

IT事務は、IT部署での事務業務を担当する職種であり、現代の企業において情報技術の進歩に伴い、求人数も増加しています。

IT事務の主な業務は

  • PCやサーバーの管理
  • ヘルプデスクの対応
  • ドキュメント作成

などがあります。

IT部署は企業において重要な部署であるため、IT事務の業務内容も多岐にわたります。

事務職未経験の男性でも事務職になれるの?

「事務職未経験の男性でも事務職になれるの?」という疑問を持っている方は多いかもしれません。

一般的に、事務職は女性が多く就くイメージがありますが、男性でも十分に活躍できる職種のひとつです。

事務職に興味がある男性の方は、ぜひチェックしてみてください。

未経験でも事務職になれる

未経験でも事務職に就くことは可能です。

実際に、求人情報サイトの調査でも、未経験者採用の割合が高く、企業側も研修制度を整備している場合が多いことが分かっています。

また、未経験から事務職に転職した男性の実例も多くあります。
私もその1人です。

未経験者でも挑戦することは可能ですし、企業側も未経験者に対するサポートを行っているため、積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。

男性でも事務職で活躍できる

男性でも事務職で活躍できることは、近年では当たり前になってきました。

実際に、人材紹介会社のデータによれば、男性の事務職転職者は2013年から約2倍に増加しています。

男女を問わず、能力重視の採用が増えたことも大きな要因の1つでしょう。

男性でも事務職で活躍するためには、自らの意欲やスキルアップに取り組む姿勢が重要です。

採用された後も研修や先輩のアドバイスを積極的に活用し、基礎から着実にスキルを身につけていきましょう。

事務男子に向いている人の特徴とは

事務職は女性に向いているイメージがありますが、最近では男性も事務職で活躍することが増えています。

では、事務男子に向いている人の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

この章では、事務男子に向いている人の特徴をご紹介します。

細かい作業に向いている

事務男子に向いている人の特徴のひとつに、細かい作業に向いていることが挙げられます。

事務職は、書類整理やデータ入力など、細かい作業が多い職種です。

そのため、細かいところまで注意を払い、正確に作業を行うことが求められます。

細かい作業に向いている人としては、以下のような方が挙げられます。

  • プラモデル作成や、ジグソーパズルなどの細かい手作業に没頭できる人
  • 学生時代に机の整理やノートのまとめ方を得意としていた人
  • 資料整理やデータ入力などの作業に興味を持って取り組める人

趣味や過去の経験から、自分が細かい作業に向いているかどうか考えてみると良いでしょう。

責任感が強い

事務男子に向いている人の特徴の1つは、責任感が強いことです。

事務職は、書類やデータの入力・チェック、来客対応、スケジュール管理など、緻密な作業が求められます。

そのため、業務上でのミスは、それが後に大きな問題に発展することもあります。

ミスを犯すことがないよう、真摯かつ責任を持って業務に取り組むことが大切です。

また、責任感があることで、職場での信頼や評価を高めることができます。

社交的な性格

事務職には、他の部署や取引先とのやり取りが必要になる場合が多く、社交的な性格が求められます。

社交的な性格を持った人は、コミュニケーション能力が高く、人と接することが好きなため、事務職においても活躍することができます。

事務職における具体的な業務には

  • 受付
  • 電話対応
  • メールや書類のやり取り
  • 会議の準備・運営
  • 出張手配

などがあります。

これらの業務においては、上司や同僚、他の部署や取引先とスムーズにコミュニケーションをとりながら、仕事を進めることが求められます。

男性が事務職で働くメリット

男性が事務職で働くメリットとは何でしょうか?

仕事内容が細かく、作業が多いイメージがありますが、実は男性にとっても魅力的な点がたくさんあります。

この章では、男性が事務職で働くメリットについて詳しくご紹介していきます。

残業が少なくプライベートが充実

事務職は働きながらプライベートも充実できる職種です。

実際に行われた企業アンケートによれば、事務職の平均残業時間は月20時間程度で、他の職種に比べて少ない傾向にあります。

場合突発的な事態が無い限り常に定時退社で、年間の残業時間は10時間程度です。

事務職は、仕事とプライベートのバランスを取りやすいというメリットがあると言えます。

力仕事がほぼ無く身体負担が少ない

男性が事務職で働くメリットとして挙げられるのは、力仕事がほぼ無く身体負担が少ないという点です。

事務職は主に座って行う作業が中心であり、重たい荷物の運搬や機械の操作など、身体に負荷をかけるような作業はほとんどありません。

また、近年ではデスクワークに伴う腰痛や肩こりなどの問題が取り上げられることもありますが、正しい姿勢や運動習慣などを身につければ、身体への負荷を最小限に抑えることができます。

ノルマが無くノビノビと仕事ができる

事務職で働くメリットとして、ノルマがなくノビノビと仕事ができることが挙げられます。

一般的に、営業職や販売職などのセールス系の仕事にはノルマが設定されていることが多く、達成しなければならない数字が決められています。

しかし、事務職においてはノルマが設定されることはほとんどなく、自分のペースで仕事を進めることができるというメリットがあります。

また、ノルマがないので、上司からのプレッシャーやストレスも少なく、仕事に集中しやすくなるでしょう。

私も、営業職時代は日々の訪問件数や月の売上のノルマがあり、数字に追われ、上司に詰められ、常に強いストレスを感じていましたが、事務職に転向してからはノルマに追われる事なくノビノビと仕事ができています。

男性が事務職で働くデメリット

事務職にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

この章では、男性が事務職で働く際に知っておきたいデメリットについて解説します。

給料が比較的低め

事務職は他の職種に比べて給料が低めであることが多いです。

事務職の平均年収は332万円で、全産業の平均年収443万円の75%程度です。

ただし、大手企業や公務員の場合は安定性が高く、給与以外のメリットにも目を向けてみましょう。

仕事の成果が見えにくい

事務職で働く男性が感じるデメリットの一つに、仕事の成果が見えにくいことがあります。

そんな時は、自己管理に役立つタスク管理ツールや進捗状況を報告するシート、成果物の定期的な評価などを利用して、成果を見える化する工夫をすることで克服できます。

自分に合った方法を見つけて、仕事の達成度を明確にしましょう。

ルーティーンワークで単調になりやすい

男性が事務職で働く上でのデメリットは、ルーティンワークで単調になりやすいことです。

しかし、自分なりの工夫やアレンジを加えることで、楽しみながら仕事を進めることができる場合もあります。

また、単調な仕事の場合は脳が自動化しやすいため、業務に慣れてしまえばスムーズに作業を進めることができます。

事務男子に必要なスキル

事務職は、企業を支える重要な役割を果たしています。

この章では、事務男子に求められるスキルや、スキルアップするための方法をお伝えします。

事務男子に求められるスキル

事務職には、幅広いスキルが求められます。

PCスキルやコミュニケーション能力、簿記や経理などの知識が必要であり、業界や企業によって求められるスキルや知識も異なります。

また、デジタル化が進んでいく現代において、ITスキルを身につけることも求められます。

業務の効率化や業務内容の多様化に対応するために、自己啓発や学習意欲を持ち続けることが重要となります。

コミュニケーションスキル

事務職の男性には、コミュニケーション能力が欠かせません。

コミュニケーションスキルを高めることで、ミーティングや部署間の調整、電話応対など業務の質が向上し、チーム内のコミュニケーションも円滑になります。

自身のコミュニケーションスキルアップに取り組むことで、より効率的かつプロフェッショナルな業務を遂行できます。

パソコンスキル

事務職に求められるパソコンスキルはExcelやWordなどのオフィスソフトの利用方法などです。

Excelを使ったデータ管理やグラフ作成、Wordを使った文書作成、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを使ったクラウド上での文書作成やデータ管理、ZOOMなどのオンラインツールを使ったオンライン会議など、パソコンスキルは幅広く必要とされています。

事務職で働くためには、これらのパソコンスキルを習得することが重要です。

スケジュール管理スキル

事務男子に求められるスキルの一つに、スケジュール管理スキルがあります。

スケジュールを正確に把握し、タスクを優先順位に沿って処理することで、業務の遅れを防ぎ、上司や同僚、顧客との信頼を維持することができます。

カレンダーアプリやタスク管理アプリを使ってスケジュール管理を行い、効率的な業務をおこないましょう。

事務男子がスキルアップするための方法

事務職に就く男性の中には、スキルアップを目指して日々勉強している方もいらっしゃると思います。

しかし、どのような方法でスキルアップすれば良いのか悩んでいませんか?

そこで、この章では事務男子がスキルアップするための方法を紹介していきます。

書籍による勉強

スキルアップを図るためには、書籍を利用した自己学習が特に効果的です。

書籍には専門家の知識やノウハウが詰まっており、幅広い知識や専門的なスキルを身につけることができます。

また、書籍を利用した自己学習は時間や場所を選ばずに学習ができるため、自己学習に最適です。

例えば、ExcelやWord、簿記や経理のスキルアップには、初心者から上級者まで幅広く対応した書籍があります。

これらの書籍を活用することで、事務職のスキルアップにつなげることができます。

created by Rinker
¥1,100 (2024/05/22 14:45:28時点 楽天市場調べ-詳細)

セミナーへの参加

事務男子がスキルアップするためには、セミナーへの参加も有効です。

セミナーでは、専門家から直接学ぶことができ、短期間で専門的な知識やスキルを身につけられるとともに、業界の最新情報やトレンドを把握することもできます。

また、セミナーに参加することで、他の企業や業界の事務職員と交流することができるのも魅力のひとつです。

事務男子が持っておいたほうが良い資格

資格取得は、職場での評価やキャリアアップにつながります。

転職活動する場合、簿記などの資格を持っていると内定の確立がグッと上がります。

この章では、事務男子が持っておいて損しない資格について紹介します。

パソコン関係の資格

事務職においては、パソコンを駆使することが日常的に求められます。

そこで、パソコン関係の資格を取得することで、よりスキルアップし職場での信頼度を高めることができます。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、マイクロソフト社製のオフィスソフトのスキルを証明する国際資格です。

MOS取得者は採用担当者からも評価が高く、事務職への転職にも有利な資格となります。

自身のスキルアップやキャリアアップにつながるため、取得を検討してみてはいかがでしょうか?

日商PC検定

日商PC検定は、パソコンなどのIT機器を効率的に活用するためのビジネススキルを評価する公的資格です。

事務職において、ワードやエクセルなどのビジネスソフトによる文書作成やデータ分析・活用能力が重要となっており、日商PC検定はこれらのスキルが身に付いていることを証明してくれます。

民間企業でも高く評価されており、大手企業の中には受験した社員に資格手当を支給するところもあります。

また、履歴書にも書ける便利な検定試験であり、事務職への転職活動においても有利に働くことが期待できます。

経理関係の資格

事務職(特に経理事務)の場合、日商簿記検定を取得することが重要です。

中小企業では簿記の知識を持った人材が不足しており、求人倍率も高くなっています。

また、簿記の知識を持つことで経理業務の精度が高まり、企業からも重宝される存在となります。

日商簿記検定

日商簿記検定試験は、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能を身につけるための重要な資格であり、多くの企業が採用や人事制度、自己啓発に活用しています。

誰もが取得可能であり、簿記会計の知識はあらゆる分野で活かせるため、多方面でのスキルアップを目指す方にもおすすめな資格です。

事務男子になるためにおすすめの転職サイト・エージェント

事務職の転職を考える際には、転職サイトやエージェントを活用すると効率的です。

この章では、事務男子になるためにおすすめの転職サイト・エージェントについて紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは年間約5万人もの転職実績があり、求人数は約20万件と業界トップであることが特徴です。

  • 拠点数が多く、地方在住者やUターン・Iターン希望者も利用しやすい。
  • 求人数が多く、2023年4月現在で公開求人が約36万件、非公開求人が約37万件登録されている。
  • リクルートグループが運営する転職エージェントであり、40年以上の歴史と実績がある。

doda

dodaは株式会社パーソナルキャリアが運営する転職サービスで、転職者満足度が高いことが特徴の1つです。

  • 転職サイト・エージェント・スカウトの3つの機能を併せ持っている。
  • 求人情報の掲載企業に対して、厳しい審査基準を設けている
  • 転職支援サービスも充実しており、履歴書添削や面接対策なども行ってくれる。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが手掛ける転職エージェントサイトであり、リクルートエージェントと並んで国内最大級の転職エージェントです。

  • 模擬面接を行い、質問への受け答え、身だしなみ、話す速度や強弱など様々な観点からアドバイスを提供します。
  • 求職者の都合に合わせて夜間や⼟曜(9:30〜17:30)の相談もお受けしています
  • キャリアアドバイザーが求職者のスキルや価値観を棚卸し、企業情報と掛け合わせて適した企業や業界をご紹介する

エン転職

高年収の事務職求人情報を多数扱っており、さまざまな業界の事務職求人を網羅しているため、高収入の事務職を目指す人にはおすすめの転職サイト・エージェントです。

  • 総務・人事、経理・財務、事務・庶務、法務・知財、秘書・アシスタントなどの事務職の求人情報が掲載されている。
  • 高収入の事務職求人も多数扱っており、業界や職種など、様々な条件で検索が可能である。
  • 求人情報の検索や応募から面接対策まで、転職支援のサービスも充実している。

マイナビ転職

マイナビ転職では、転職に必要な情報収集や、転職エージェントとのマッチング、求人情報の提供など、幅広いサポートを提供しています。また、エージェントの質やサービス内容など、様々な観点から比較することができるため、自分に合った転職エージェントを選ぶことができます。

  • 「マイナビ転職」は、業界最大手であり、常時11,000件以上の求人情報を掲載している。
  • 「マイナビ転職」は、20代~30代の若手層に人気があり、若手採用に強みを持っている。
  • 「マイナビ転職」は、進学情報サイトや新卒就職情報サイトを手がけており、若年層を対象としたサービスを提供している。

まとめ

事務職未経験の男性でも、事務職になれるかどうか不安に感じている方も多いかもしれません。

しかし、事務職には未経験でも挑戦できる求人があり、男性でも活躍できるポジションがたくさんあります。

事務職には一般事務、営業事務、経理事務、IT事務などの種類があり、それぞれに特化したスキルや資格が求められます。また、事務職の男女比はほぼ半々で、男性でも十分に活躍できます。

事務男子に向いている人の特徴

  • 細かい作業に向いている
  • 責任感が強い
  • 社交的な性格

事務職で働く男性のメリット

  • 残業が少なくプライベートが充実
  • 力仕事が少なく身体負担が少ない
  • ノルマが無くノビノビと仕事ができる

一方、デメリットとしては

  • 給料が比較的低め
  • 仕事の成果が見えにくい
  • ルーティーンワークで単調になりやすい

事務男子に必要なスキル

  • コミュニケーションスキル
  • パソコンスキル
  • スケジュール管理スキル

また、事務男子がスキルアップするためには、書籍による勉強やセミナーへの参加がおすすめです。

事務男子に持っておいて損はない資格

  • パソコン関係の資格
    • MOS
    • 日商PC検定
  • 経理関係の資格
    • 日商簿記検定

転職を考える場合は、転職サイトやエージェントを活用することがおすすめです。

事務職未経験でも大丈夫!事務男子には十分にチャンスがあります。事務職に興味がある男性は、ぜひ挑戦してみてください。

Q&A

Q
事務職の平均年収はいくらくらいですか?
A

事務職の平均年収は、約300万円〜400万円程度です。ただし、職種や経験年数によって大きく異なる場合があります。

Q
事務職で働く男性はどのくらいいますか?
A

事務職で働く男性は、全体の約40%程度です。近年は男性の事務職への就職も増えており、より多様な職場環境が生まれつつあります。

Q
事務職で働く男性が必要とするスキルは何ですか?
A

事務職で働く男性が必要とするスキルには、コミュニケーション能力やパソコンスキル、スケジュール管理能力などがあります。また、自己管理能力や責任感も重要な要素となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました