鼻毛が出たまま営業していませんか?おすすめの処理方法は鼻毛用脱毛WAXだ!

営業

仕事で会った人の鼻毛が出ていて気になった事ってないですか?

鼻毛が出た状態で人に会うのって恥ずかしいしカッコ悪いですよね。
しかも本人は鼻毛が出ていることに気がついていないので、指摘したがいいのか知らないフリをすればいいのか迷ってしまいます。

私は営業職として様々な方に会いますが、鼻毛が出ている人に会うと気になってしまい商談どころではなくなってしまいます。

と、同時に『自分自身は大丈夫だろうか?』と心配になってしまいます。

営業職たるもの、身だしなみには気を配りたいものです。

この記事では、鼻毛の処理方法と、私が普段から行っている『鼻毛用脱毛WAXワックス』を使用した処理方法と注意点をお伝えします。

鼻毛の処理方法は切るか抜くか

鼻毛の処理方法は基本的に

  1. 切って処理する
  2. 抜いて処理する

のどちらかになります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.切って処理する

ハサミや鼻毛カッターを使用して処理します。

長所は低コストで手軽に処理できる事です。

短所は鼻の中を切って怪我するリスクがあり、次回の処理までのサイクルが短い事です。

私も以前は鼻毛用ハサミや鼻毛用シェーバーを使用して処理していましたが、鼻の中が血だらけになったりしていました。

2.抜いて処理する

鼻毛用脱毛WAXを使用して処理します。

長所は鼻毛を毛根から抜いてしまうので、キレイに処理でき、次回の処理までのサイクルが長い事です。

短所は処理の手順が若干面倒な事と、定期的にWAXを購入しなくてはいけないので、コストがかかる事です。

現在、私は鼻毛用脱毛WAXを使用していますが、キレイに処理できるので断然おすすめです。

鼻毛用WAXの使用方法

  1. カップにWAXを適量入れて電子レンジで温める。
  2. ドロドロにとけたWAXをスティックに絡め、鼻の中へ入れる。
  3. WAXが固まったら、イッキに引き抜く

まずは、付属のカップや市販のシリコンカップにWAXを入れ、3分ほどレンジで温めます。イメージとして、トロトロのはちみつです。

次に、ケチャップくらいの硬さになるまで1~2分スティックでWAXをかき混ぜ、スティックに適量のWAXを絡ませ鼻の穴に入れます。

鼻の中に入れたら、スティックを動かしたり小鼻を押さえたりして、鼻毛をWAXに絡ませます。

そのまま1~2分待ち、WAXが固まったらイッキに引き抜きます。

固まったWAXにゴッソリ付いた鼻毛を見るのは快感ですよ!

ちなみに、私は『GOSSO』を使用しています。

ここで注意点!!

引き抜くときは迷いなくイッキに!

私が初めてWAXを使用した時、中途半端に引き抜いてしまい、鼻毛が全部抜けないままスティックが鼻の中に残ってしまい、大変な思いをしました。

とにかく迷いなく思いっきり引き抜いてください。

イッキに引き抜いたほうが、痛みはほとんどないですよ!

片方ずつ処理する

先に書いた通り、スティックが鼻の中に残った時、両方の鼻の穴をふさいだ状況だとパニックになってしまいます。

私が経験済みです。冷静に考えれば口で呼吸すればいいだけなんですが、不測の事態に直面すると、『息ができない!窒息して死んじゃう』となってしまいました。

手間の時間もかかりますが、必ず片方ずつ処理するようにしましょう。

まとめ

鼻毛を処理する方法は

  • ハサミや鼻毛カッターけ切る
  • 鼻毛用脱毛WAXで抜く

があり、私のオススメは断然だんぜん「鼻毛用脱毛WAXワックス」です。

鼻毛用脱毛WAXワックスの使用方法は

  1. WAXワックスを容器に入れ電子レンジで温める
  2. WAXワックスをスティックに適量取り、鼻の中に入れる
  3. 鼻毛がWAXに絡み、冷え固まったらイッキに引き抜く

そして、鼻毛用脱毛WAXワックスを使用する時の注意点は

  • スティックは思いっきり引き抜く
  • 片方ずつ処理する

あなたも鼻毛用脱毛WAXワックスを使用して身だしなみを整えて営業活動をしましょう。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました