朝ごはんを食べると得する3つの理由【2つの簡単朝ごはん提案付き】

営業

朝ごはん食べてますか?

「朝はギリギリまで寝ていたい」
「朝ごはんを準備して食べるのは面倒くさい」
「別に朝ごはんを食べなくても大丈夫」

その気持ち、よくわかります。

でも、朝ごはんを抜くと、脳と体にエネルギーが不足したままなので仕事の効率が悪くなってしまいます。

この記事では、統計による朝食欠食率を交えながら、朝ごはんを食べると得する3つの理由と、2つの簡単朝ごはんの提案をします。

スポンサーリンク

統計からみる朝ごはんを食べない人の割合

朝ごはんを食べない人はどれくらいいるのか気になりませんか?

厚生労働省が毎年実施している『国民健康・栄養調査』というものがあります。
その中の『朝・昼・夕別にみた1日の食事状況』の統計結果から朝食を食べない人を抜粋しグラフにしてみました。

約2割の人が朝食を食べていないという結果です。

男女別だと男性の方が朝食を食ない人が多く、若い世代ほどその傾向が強い結果となっています。

そして、1人世帯の朝食を食べない人の割合をグラフにしてみると

20代、30代の4割以上、男性においては20代の7割近く、30代の5割以上が朝食を抜いているという結果になっています。

それに比べて女性は30代で朝食を食べない人が3割となっているものの、他の世代は8割以上の方が朝食を食べているという非常に素晴らし結果となっています。

朝ごはんを食べるとなぜ良いのか

なぜ朝ごはんを食べたほうがいいのか?について解説していきます。

集中力がアップする

空腹の状態だとブドウ糖が不足しています。

このブドウ糖は脳のエネルギー源なんです。
つまり、朝食を食べないと脳がエネルギー不足となり、集中力や記憶力が低下してしまいます。

そんな状態で仕事をするとどうなるでしょうか。

  • 注意力散漫で営業車を運転すると事故の危険性がある
  • 取引先との会話も上の空でなかなか良い結果に結びつかない
  • 書類作成において誤字・脱字・入力ミスの発生率が高くなる
  • 予定を忘れて約束をすっぽかす
  • 考えがまとまらず仕事がはかどらない

パッと思いつくだけでも、これだけのリスクがあります。

朝はギリギリまで寝ていたい気持ちは痛いほどわかりますが、20分早く起きて朝ごはんを食べるだけで仕事がはかどり、結果として20分以上の時間節約が可能です。

イライラを防止する

お腹がへっているときってイライラしますよね。

人は食事をして栄養をとらないと生きていけません。
つまり、生存するために必要な食欲が満たされなければ『このまま食べないと命が危険だよ』という体のサインがイライラとして現れます。

イライラした状態で仕事をすると何がおきるでしょうか。

同僚が言った何気ない一言に、つい怒ってしまい職場の雰囲気が悪くなるかもしれません。

『短気は損気』ということわざもあるとおり、イライラしているといいことないです。

しっかりと朝食を食べて穏やかな気持ちで仕事に取り組みましょう。

体を動かすエネルギーになる

朝食を食べていないと体を動かずエネルギーが不足します。

歩くときにフラついたり、荷物を運ぶのに苦労したり。
顔色や表情が悪く、相手に心配や不安な良くない印象を与えるかもしれません。

取引先やお客さんから「表情が暗くて頼りない」と思われてしまうと勿体ないですよ。

何をやるにしても、まずは体が資本です。

しっかりと朝ごはんを食べて、元気に仕事をしませんか。

簡単な朝ごはんの提案

「朝ごはんを食べたほうがいいのは分かっていても、ギリギリまで布団から出たくない」
「朝食を食べる時間がもったいない」

その気持ち、よーくわかります。
布団の中って幸せに満ちあふれていますもんね。

特に1人暮らしの方は、朝ごはんの準備もしなければならないので、なおさら時間がかかってしまいます。

そんなあなたに、簡単朝ごはんをご提案いたします。

ご飯とインスタント味噌汁+もう一品

インスタント味噌汁を買っておけばお湯を注ぐだけで簡単に味噌汁ができます。

ご飯と味噌汁だけでは味気ないので、漬物や納豆、ふりかけなど、もう一品付け加えるだけで簡単朝ごはんの出来上がり。

ちなみに私は毎朝このスタイルです。
料理研究家の土井善晴さんが提唱されている一汁一菜いちじゅういっさいですね。

準備も、それほど時間がかからずに簡単にできます。

我が家では余ったご飯は冷凍保存しているので、電子レンジでご飯を温めている間にインスタント味噌汁を作り冷蔵庫から漬物や納豆を出すだけなので、3分ほどで朝食の準備ができます。

インスタント味噌汁の代わりに、コーンスープや春雨スープでバリエーションを増やすとアキがこないですよ。

パンとコーヒー

もっとも簡単な朝食がパンとコーヒーです。

焼きそばパンやウィンナーロールなどの調理パン、アップルデニッシュやドーナツなどの菓子パンを買い置きしておくだけです。

コーヒーも、大きめのペットボトルコーヒーを買っておけば、コップにコーヒーを注ぐ30秒ほどで朝食の準備ができます。

後片付けも、コップを洗うだけなので手間もかからず簡単です。

時間に余裕があれば、インスタントのコーンスープを付け加えたり、食パンをトーストしたりしてもいいですね。

まとめ

朝食を食べない人の割合は全体では約20%ほどですが、1人暮らしの方は食べない人が多くなる傾向にあり、特に20代、30代男性の半数以上の方が朝食を抜いている状況です。

朝食を食べると

  • 集中力がアップする
  • イライラを防止する
  • 体を動かすエネルギーになる

ので、朝食を食べない場合よりも、頭と体が働いて仕事の効率があがります。

時間をかけずに朝食を準備するには

  • ご飯と味噌汁+漬物など、もう一品
  • パンとコーヒー

朝は、なるべく遅くまで寝ていたいかもしれませんが、20分ほど早く起きて朝食をしっかり食べて脳と体にエネルギーを補給して、生産性が高い状態で仕事に取り組んでみませんか。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました