口が臭い営業は不利!口臭を防ぐ5つの方法

営業

こんにちは!キャミーです。

営業をしていて取引先や顧客と会う時、『口が臭くないかな・・・』って心配にりませんか?

営業職の私は、普段から口臭ケアに気をつかっています。
なぜなら口臭の有無で仕事に影響が出るからです。

もしもあなたがお客様の立場だったとして、口臭が明らかに臭い営業マンが来たらどんな印象を受けるか想像してみてください。

私なら口臭が気になって話を聞く余裕などなく『早く話終わらないかなぁ』『こんな不潔な人とは関わりたくないなぁ』と思ってしまいますし、商品やサービスがよほど良い物でない限り、ほぼ間違いなく契約しません。

この記事では実際に私がやっている口臭ケアに効果的なアイテムや方法をご紹介します。

1.基本は歯磨き。電動歯ブラシがお勧め

毎日の歯磨きは基本中の基本ですが、せっかくなら電動歯ブラシをつかってみませんか?

電動歯ブラシなら軽く歯に当てるだけで歯垢をグングン除去してくれます。

でも、外出先では使えないんじゃないの?』と心配しないでください。

外出用のコンパクトな電動歯ブラシもあります。

私はかれこれ10年ほどパナソニックの電動歯ブラシDoltzドルツを愛用していますよ!

電動歯ブラシの良い所は、細かいブラッシングを勝手に歯ブラシがしてくれるので、歯に軽く当てるだけで誰でも簡単に質の高い歯磨きができることです。

注意して欲しいのは歯に強く押し当ると歯や歯茎はぐきを傷つけてしまう場合があります。

2.歯みがき粉にもこだわろう

歯磨き粉も種類が豊富で、値段も様々ですよね。

冷たい飲み物を飲んだ時に歯がしみる人には知覚過敏用があります。

営業で人と会う私は、歯を白くして見た目の印象を良くしたいので、アパガードプレミオ エクストラミントを愛用しています。

歯が白くなったかは微妙ですが、爽やかなミントの香りが口いっぱいに広がり、歯もツルツルになるので気に入っています。

3.マウスウォッシュでお口の中を丸ごと洗おう

殺菌成分の入ったマウスウォッシュで口の中の環境をリセットしましょう。

使い方は簡単で、適量の液で10秒程うがいをするだけです。

液体なので口の中に広がり隅々までキレイに殺菌・洗浄してくれますよ。

私は1日1回、寝る前の歯磨きの時に使用しています。

ピリピリとした刺激が気になる方はノンアルコールタイプがオススメです。

4.定期的に歯間ブラシや糸ようじで歯の隙間の歯垢を取り除こう

歯と歯の間の歯垢って意外と落ちにくいんですよね。

私は毎週日曜日に糸ようじにて歯間の歯垢を除去しています。

実際に歯垢が絡んだ糸ようじを匂ってみると、強烈な悪臭がしているので、この悪臭の原因が口の中にあったかと思うとゾッとします。

5.半年~1年ごとに歯医者さんに行こう

やはり定期的にプロに診てもらいましょう。

いくら丁寧に歯磨きをしても少しづつ歯垢は蓄積し歯石になってしまいます。

歯石や虫歯、歯茎の炎症は悪臭の源です。

歯医者さんで定期的に口の中の健康診断をし、虫歯の治療や歯石の除去をしてもらう事で、口臭を防止する事ができます。

まとめ

歯磨きと歯医者さんを定期的に受診する、そしてマウスウォッシュや歯間ブラシを使い、特別なケアをする習慣を身に付けて爽やかな息と口元になりたいですね。

あなたの参考になると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました